コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着生植物 ちゃくせいしょくぶつepiphyte

翻訳|epiphyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着生植物
ちゃくせいしょくぶつ
epiphyte

空中に立上がった植物岩石表面などに固着して生活している植物の総称気根の一種の着生根などが発達しているが,通常の根を欠いていることもあり,しばしば茎葉の表面から水分やそれに溶けた塩類などを摂取するような異常な生理により生活している。したがって,概して空中の湿度や温度は高いほうが好ましく,高緯度地方や高山では生活しにくい。特定の分類群に対する名称ではなく,ラン科植物,シダ植物地衣類コケ類にこの仲間が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゃくせい‐しょくぶつ【着生植物】

他の植物の幹や葉、岩の表面など、土壌以外の所に根などの固着器官で付着して生活する植物。ランコケ類・地衣類など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

着生植物【ちゃくせいしょくぶつ】

陸上植物の地上部の表面や露出する岩の上などに,気根などの固着器官で固着して生活する植物。一般に高温多湿地に多くみられる。ラン科,シダ類,地衣類,コケ類に多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃくせいしょくぶつ【着生植物 epiphyte】

他の植物の地上部の表面に生育して独立栄養を営む植物(ヤドリギのように他の植物の組織の内部にまで侵入してそれから養分を摂取するものは寄生植物であり着生植物とは呼ばない)。なお,広い意味では露出した岩石の表面に付着して生育する植物をも含める。特に熱帯地域に豊富に産し,被子植物ではラン科,サトイモ科パイナップル科をはじめ多くの科に見られ,樹上の生活に適応した特殊な形態をもつものが多い。ラン科やサトイモ科の着生植物には根の表面にしばしば根被velamenという貯水組織が発達している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃくせいしょくぶつ【着生植物】

樹上や岩石上などに、特別に分化した器官(気根など)で固着して生活している植物。ラン科植物・シダ植物・地衣類・蘚類に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

着生植物
ちゃくせいしょくぶつ

生きている植物の樹幹や樹枝、あるいは露出している岩上などに固着する植物をいう。コケ類、地衣類、藻類のほか、シダ植物(ノキシノブ、イワヒバ)、ラン科植物などに多くみられるが、その他の高等植物でも散見される。着生植物の固着する場所は土壌に比べて乾燥しやすいため、植物体は含水量が低下しても枯死しない、あるいは水分の保持に好都合となる体制をもっている。こうした着生植物の生育環境は競争が生じにくいという特徴があるため、競争に弱い植物が着生という生活を選んだとも考えられる。しかし、多雨地で乾燥しにくい所では着生植物の種類、量は著しく増加する。また、着生植物は大気汚染の指標植物となる。[延原 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の着生植物の言及

【生活形】より

…多年生植物については,地上部が残るか残らないかを,越冬芽(耐乾芽など,植物の生活にとって不適当な条件を切り抜けるための抵抗芽一般を含む)が地表面からどれくらいの高さにあるかによって区別する。ラウンケルの生活形を整理すると,まず,地上植物(芽が地表より30cm以上高いもの),地表植物(芽の位置が地表30cmより低いもの),半地中植物(芽が地表にあるもの),地中植物(芽が地中にあるもの),夏緑性一年生植物(不適な時期を種子で過ごすもの)の区分ができ,さらに地上植物は,芽の位置が地表から30m以上の高さのもの(巨大地上植物),8~30mの高さのもの(大型地上植物),2~8mの高さのもの(小型地上植物),0.3~2mの高さのもの(矮小(わいしよう)地上植物)や,多肉植物,着生植物などに,地中植物は土中植物,水生植物などが区別されている。ラウンケルはこの類型化をもとにして,世界のさまざまの地域に生育する植物各1000種を無作為に選び出し,類型化された生活形がそれぞれどのような割合で分布しているかをパーセントで示した生活形標準表normal spectrum of life formを作成した。…

※「着生植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

着生植物の関連キーワードヤシャビシャク(夜叉柄杓)モンパキン(紋羽菌)ガラホナイ国立公園ゴイシツバメシジミマツカサアナナスタンギモウジア湖ダリエン国立公園エスキナンサスチャセンシダ科エピデンドラムコチョウラン碁石燕小灰蝶亜熱帯降雨林ネオレゲリアエアプランツアンデス山脈モスマン渓谷イワタバコ科ラン(蘭)タラマンカ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着生植物の関連情報