コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブーベール Ebbw Vale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブーベール
Ebbw Vale

イギリスウェールズ南東部,ブライナイグウェント北部の町。ブライナイグウェントの行政府所在地。ウェールズ語では Glyn Ebwy。カーディフの北約 35km,エブー谷の谷頭近く,標高約 300mにある。南ウェールズ炭田の北東部に位置し,地元の石炭,鉄鉱石,石灰岩を用いて 18世紀末頃から鉄製錬が行なわれていたが,町は炭田開発に伴って 19世紀後半炭鉱町として建設された。その後この地域の重要な製鋼中心地となったが,海岸から遠かったことおよび 1930年代の不況の影響で衰退。1935年政府の財政援助により大規模な製鋼所が建設されて復興したが,1970年代にイギリスの鉄鋼業が衰退したのをうけ 1978年頃に閉鎖された。20世紀末には採炭も停止された。今日ではブリキの生産と各種軽工業が行なわれるほか,地域の商業中心地となっている。都市圏人口 3万3280(2001) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エブーベールの関連キーワードラネリ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android