コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エホヤキン エホヤキンJehoiakin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エホヤキン
Jehoiakin

[生]前615
[没]?
ユダ王国の王 (在位前 598) 。エホヤキムの子。父王の急死後,18歳で王位につき,3ヵ月ほど支配したが,前 597年バビロニア王ネブカドネザル2世によってエルサレムを攻撃され,降伏。部下1万名とともにバビロニアに捕囚された。これが第1回バビロン捕囚である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エホヤキンの関連キーワードエゼキエルゼデキア

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android