コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三経義疏 さんぎょうぎしょ

6件 の用語解説(三経義疏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三経義疏
さんぎょうぎしょ

聖徳太子著とされる『法華義疏』 (4巻) ,『維摩経義疏 (ゆいまぎょうぎしょ) 』 (3巻) ,『勝鬘経義疏 (しょうまんぎょうぎしょ) 』 (1巻) の総称。義疏とは趣意を解説した注釈書の意。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんぎょうぎしょ〔サンギヤウギシヨ〕【三経義疏】

聖徳太子の撰述とされてきた「法華義疏」4巻、「維摩(ゆいま)経義疏」3巻、「勝鬘(しょうまん)経義疏」1巻の3疏。日本人の手になる最初の本格的な注釈書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三経義疏【さんぎょうぎしょ】

聖徳太子が著した経典注釈書。《法華(ほっけ)義疏》4巻,《勝鬘(しょうまん)経義疏》1巻,《維摩(ゆいま)経義疏》3巻の総称。611年に《勝鬘》,続いて613年に《維摩》,さらに615年に《法華》の各義疏が成ったと伝えるが,確証はない。
→関連項目飛鳥時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうぎしょ【三経義疏】

聖徳太子の著作で,《法華義疏(ほつけぎしよ)》4巻,《維摩経義疏(ゆいまきようぎしよ)》3巻,《勝鬘経義疏(しようまんぎようぎしよ)》1巻の総称。《日本書紀》によれば,太子は606年(推古14)に《勝鬘経》と《法華経》を講じたとあり,《維摩経》のことは不明だが,この講経と義疏の製作は,密接な関係をもっていると考えられる。《聖徳太子伝補闕(ほけつ)記》は,《勝鬘経義疏》が611年,《維摩経義疏》が613年,《法華義疏》が615年に,それぞれ成立したというが,確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんぎょうぎしょ【三経義疏】

〔「義疏」は注釈書の意〕
聖徳太子の撰と伝える「法華経義疏」「維摩経義疏」「勝鬘経義疏」の三書の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三経義疏
さんぎょうぎしょ

聖徳太子の著とされる『勝鬘経(しょうまんぎょう)義疏』『法華(ほっけ)義疏』『維摩経(ゆいまぎょう)義疏』の三疏を一括した呼び名。7世紀の初めにこの順序に制作されたとされるが確証はない。『勝鬘経義疏』1巻は、求那跋陀羅(ぐなばっだら)(394―468)訳の『勝鬘師子吼一乗大方便方広経(しょうまんししくいちじょうだいほうべんほうこうぎょう)』の注釈。しばしばよりどころとされる「本義」と小異の著作が敦煌(とんこう)出土本から発見されたが、その著者は明らかでない。『法華義疏』4巻は、梁(りょう)の光宅寺法雲(こうたくじほううん)(467―529)の『法華義記』を「本義」などの名でよりどころとしながら、鳩摩羅什(くまらじゅう)(344―413または350―409)訳の『妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)』27品(ぼん)(提婆達多品(だいばだったぼん)を欠く)を注釈し、著者独自の見解を諸所に示している。巻頭に聖徳太子の作である旨を注記し、著者自筆の草本と考証された書物が御物として現存している。わが国最古の書物として、また日本書道史上にも重要である。『維摩経義疏』3巻は、鳩摩羅什訳『維摩詰所説経(ゆいまきつしょせつぎょう)』を、僧肇(そうじょう)(383―414)の『注維摩経(ちゅうゆいまぎょう)』を参考にしながら注釈しているが、前二疏のように本義とはしていない。『日本書紀』推古(すいこ)紀に『勝鬘経』『法華経』二経を講じた記事はあるが、『維摩経』講説の記録がなく、またその引用書中『百行(ひゃくこう)』が太子より後の時代の著作とされるなどのことから、『維摩経義疏』を中心に聖徳太子の真撰(しんせん)について疑問がもたれたが、三疏が同一人の著作であることや、内容の識見、長い伝承などから、著者が聖徳太子に帰せられるのがほぼ定説となっている。聖徳太子がこの三経をとくに選んで注釈したのは、天皇が推古女帝であり、摂政(せっしょう)の聖徳太子が維摩詰に擬せられるなどの理由のほか、三経が当時中国における流行経典であったことなどによるとされる。仏教輸入後なお日が浅いのに、大乗精神に対する現実的な理解は著者の非凡を示し、「憲法十七条」とともに日本文化史上きわめて重要な著作である。[若林隆光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三経義疏の言及

【漢文】より

…日本人の漢文習得に渡来人の果たした役割は大きいが,日本人が本格的に漢文を習得した痕跡があらわれるのは推古朝である。すなわち,聖徳太子の十七条憲法《三経義疏(さんぎようぎしよ)》などがその成果である。また,この時期にはじまる遣隋使(のちには遣唐使)などは,組織的な漢文受容として大きな役割を果たした。…

【法華義疏】より

…全4巻。《勝鬘経義疏》《維摩経義疏》とあわせて《三経義疏(さんぎようぎしよ)》と称する。法隆寺に伝えられた太子の稿本があり,明治初年皇室に献納され,現在は御物とされている。…

※「三経義疏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三経義疏の関連キーワード阿佐太子義疏学勝鬘経義疏法華義疏慧慈義疏太子太子会上宮聖徳太子伝補闕記行信(1)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三経義疏の関連情報