エミール・アントアーヌ ブールデル(英語表記)Émile-Antoine Bourdelle

20世紀西洋人名事典の解説

エミール・アントアーヌ ブールデル
Émile-Antoine Bourdelle


1861 - 1929
フランスの彫刻家。
モントーバン生まれ。
トゥールーズの美術学校に学び、1884年パリに出て、ファルギエール等に師事。1893年から15年間ロダンの元で助手として働き、追随することなく、確固たる骨組み、単純化された面によるモニュメンタルで構築性に富んだ作品はロダンの賞賛を受ける。代表作に「アポロンの首」(1900年)、「弓を引くヘラクレス」(’10年)などがあり、彫刻界にセンセーションを巻き起こし、彼の地位を確固たるものとした。他に「アルベアル将軍記念碑」(’25年)、ベートーベン肖像連作(1888〜1929年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android