コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムスラント エムスラントEmsland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エムスラント
Emsland

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州西部の地方名。エムス川オランダ国境との間の,幅 10~15km,長さ約 100kmの地帯で,自然地理的には次の3地帯から成る。 (1) オランダ側にまで広がる泥炭地,(2) 主要な集落の位置する,排水のよい砂質土壌地帯,(3) 主として牧草地に利用されているエムス川の氾濫原。 1928年頃から入植が進み,48年には泥炭地の土地改良計画も立てられて,農耕地が拡大している。ライムギ,ジャガイモの栽培と酪農が中心であるが,経営規模は小さい。地下 400~850mには石油を含んだ地層があり,40年代から採油が行われている。同地方の中心地リンゲンでは石油精製が行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エムスラントの関連キーワードミュンスターラント

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android