コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エメラルドボア(英語表記)Boa canina; emerald tree boa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エメラルドボア
Boa canina; emerald tree boa

トカゲ目ニシキヘビ科。比較的小型の樹上性ボアで,体長 2mぐらい。背面は緑色で,斑点がある。上顎前端に1対の大きい牙があるが,毒牙ではなく,獲物をしっかりつかまえるのに使われる。尾は物に巻きつく能力が大きい。夜行性で,小哺乳類,鳥,トカゲなどを食べる。昼間は,木の枝に頭を中心にしてまたがり,独特の平たいとぐろを巻いて静止している。南アメリカ北部の熱帯林にすむ。オーストラリアニューギニアに分布するグリーンパイソンと形態や生態が大変似ており,平行進化の例にされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエメラルドボアの言及

【ニシキヘビ(錦蛇)】より

…インドニシキヘビなどが皮革製品用として大量に捕獲され,一部が減少のため保護の対象となっている。他属のニシキヘビ類はすべて全長1~2.5mほどの小型で,美しい緑色をしたニューギニアのグリーンパイソンChondropython viridis(イラスト)はまったくの樹上性で,ボア亜科のエメラルドボアCorallus caninusに類似する。【松井 孝爾】。…

【ボア】より

…卵胎生で一度に20~60匹ほどの子ヘビを生む。 南アメリカ北部に分布する美しい緑色のエメラルドボアCorallus caninusは,全長約2m,樹上生でふつうは枝に胴を前後に振り分けて止まり,頭をその中央に置いている。体色斑紋や静止姿勢は効率的なカムフラージュとなり,近づく鳥やトカゲをとらえるが,本種に形態,生態ともにそっくりの種がニシキヘビ亜科にいる。…

※「エメラルドボア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android