ボア

精選版 日本国語大辞典「ボア」の解説

ボア

〘名〙 (boa)
① ボア科の無毒のヘビボアコンストリクターのこと。最大で全長三・六メートルぐらいで、ニシキヘビより小さい。背面は淡褐色の地に一五~二〇の暗褐色の横縞があり、側面では大形の斑の列をなす。南アメリカの熱帯森林に分布し、夜行性でネズミなどを捕食する。王蛇(おうじゃ)
毛皮羽毛などで作った細長い婦人用襟(えり)巻。また、コートなどの衿や裏、袖口などにつけたり、敷布などに用いる、毛皮やそれに似せた織物。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉四「駝鳥襟巻(ボーア)に似てゐるでせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

海の事典「ボア」の解説

ボア

浅水を水の壁が進んで行く形の波で、段波とも呼ばれる。ボアは2つの異なった水位を持つ水面をつなぐものであるが、必ず低水位側に伝播する。進行速度は 前・後面の深さに対応する長波速度よりも速く、一種の衝撃波である。ボアを挟んで体積・運動量は保存されるが、エネルギーは保存されず、強いボアでは波面 に砕波を伴う。弱いボアでは波の背面に幾つかの短波長の波を伴い、そのようなボアをアンド・ラー・ボアと呼ぶ。満ち潮に際して潮汐によって起こされるもの をタイダル・ボアと言う。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

百科事典マイペディア「ボア」の解説

ボア

爬虫(はちゅう)類ボア科ボア亜科に含まれるヘビの総称。一般に知られるのは,単にボアとも呼ばれるボアコンストリクターで,全長4〜5m,長さのわりに太い。暗褐色地に淡褐色の斑紋がある。無毒で性質は温和。ブラジル〜中米に分布。熱帯降雨林の樹上水辺にすむ。大きく鋭い歯で小型の哺乳(ほにゅう)類や鳥類を捕食。その他ボア類はエメラルドボアニジボアアナコンダなど約21種が知られ,前上顎骨に歯がなく,卵胎生であることが同科のニシキヘビ類と異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ボア」の解説

ボア
Boinae; boa

トカゲ目ニシキヘビ科ボア亜科に属するヘビの総称。大型で,一部のものを除き腰帯と後肢の痕跡がある。前上顎には歯がない。無毒。ボアの仲間には最大体長 5m以上のボア Boa constrictor,体長 2m内外で巧みに木の枝に止るエメラルドボア B. caninaアミメニシキヘビ (ニシキヘビ亜科) とともに世界最大といわれるアナコンダなどの種が知られており,多くは中央・南アメリカに分布する。 (→ニシキヘビ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ボア」の解説

ボア(boa)

有鱗ゆうりん目ボア科の。全長約4メートル。無毒。は太く、灰褐色に暗褐色の斑紋がある。卵胎生。熱帯アメリカに分布。同科にはアナコンダなども含まれ、主に熱帯に分布。
毛皮や羽毛で作った、女性用の柔らかい襟巻き。また、コートの裏や襟・袖口につけたり、敷布などに使う毛足の長い織物。

ボア(bore)

海嘯かいしょう2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ボア」の解説

ボア【boa】

ボア科ボア亜科Boinaeに含まれる無毒ヘビの総称で,ニシキヘビ類(ボア科)に近縁一群。約8属25種が知られ,大部分南北アメリカに分布するが,マダガスカルボア属Acrantophis2種とサンジニアボア属Sanzinia1種がマダガスカルに,パシフィックボア属Candoiaの3種がニューギニアと南太平洋諸島に分布している。最大はアマゾン流域に分布するアナコンダEunectes murinus(イラスト)で,最大全長が9mを超える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android