コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリオス偵察衛星 エリオスていさつえいせいHelios

翻訳|Helios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリオス偵察衛星
エリオスていさつえいせい
Helios

ヘリオスとも呼ぶ。フランスが 1993年に打上げた偵察衛星。打上げ費用の 14%をイタリア,7%をスペインが負担しており,それに応じた利用,情報提供が行われる。偵察方式は光学式で,分解能は 1m。アメリカの精密偵察衛星 KH11の分解能 15cmよりは劣るが,資源探査衛星などのレーダー方式による分解能 10mよりは大幅に改善されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エリオス偵察衛星の関連キーワードヘリオス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android