資源探査衛星(読み)しげんたんさえいせい(英語表記)earth resources satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資源探査衛星
しげんたんさえいせい
earth resources satellite

地下資源の探査に利用することを目的に打上げられた人工衛星。最初の衛星は 1972年打上げのランドサット1号で,当初は ERTS (地球資源技術衛星,通称アーツ衛星) と呼ばれた。日本では,科学技術庁通産省が共同で,1992年2月に JERS-1号をH-Iロケットで打上げ,「ふよう」と命名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資源探査衛星の関連情報