コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリーザベト Elisabeth

世界大百科事典 第2版の解説

エリーザベト【Elisabeth】

1207‐31
聖女。〈チューリンゲンのエリーザベト〉あるいは〈ハンガリーのエリーザベト〉と呼ぶ。ハンガリー王アンドラーシュ2世の娘で,1221年にチューリンゲンThüringen方伯ルートウィヒ4世と結婚し,出生と婚姻を通して全ヨーロッパにまたがる高位貴族の一員であった。27年に夫が死ぬとマールブルクで半ば修道院のような,俗人の病者看護団体をつくり,貧者,病者のために生涯を捧げた。彼女の禁欲的な生涯は,支配階層が霊的な意味でも貴族でありうる可能性を示し,多くの団体の守護の聖人とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

エリーザベト

生年月日:1837年12月24日
オーストリア皇后,ハンガリー王妃
1898年没

エリーザベト

生年月日:1843年12月29日
ルーマニアの王妃,女流作家
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のエリーザベトの言及

【癩】より

… いっぽう,福音書にはイエスが癩者をいやす奇跡が伝えられているが,中世の修道会たとえばフランシスコ会などが救癩活動を行った。とくにハンガリーの聖女エリーザベトは名高く,宗教画にも描かれるようになる。13世紀にその盛期に達した癩は,14世紀から減退期に入る。…

※「エリーザベト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エリーザベトの関連キーワードリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)シューベルト(Franz Peter Schubert)バッハ(Johann Sebastian Bach)エリーザベト王妃国際音楽コンクールコベント・ガーデン王立歌劇場フリードリヒ2世(大王)ベン マッキンタイアーアウグスティーナ教会カミッラ ニールンドデ・ロス・アンヘレスニコライ ズナイダートーマス ハンプソンエディト マティスアルベール[1世]オフターディンゲンアニヤ ハルテロスカプツィーナー教会ニーチェ(年譜)ゲオルギオス2世エルジェーベト橋

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリーザベトの関連情報