コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリーゼのために エリーゼノタメニ

デジタル大辞泉プラスの解説

エリーゼのために

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノ曲(1810)。原題《Für Elise》。エリーゼとはベートーヴェンが愛した貴族の娘テレーゼを指すと考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリーゼのために
えりーぜのために
Fr Elise

ベートーベンが1810年ごろに作曲したピアノ曲。WoO59(WoO=作品番号なしの作品)。死後の1867年に初めて出版された。失われた自筆譜には「テレーゼのために」と献辞が記されていた。この女性は、彼の健康管理にあたっていた医師の姪(めい)テレーゼ・マルファッティTherese Malfattiで、当時18歳。40歳のベートーベンは真剣に彼女との結婚を考えていたらしい。愛らしく親しみやすいバガテル(小品)である。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エリーゼのためにの関連キーワードベートーベン(年譜)キッスは目にして!

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリーゼのためにの関連情報