エルザ ベスコフ(英語表記)Elsa Beskow

20世紀西洋人名事典の解説

エルザ ベスコフ
Elsa Beskow


1874 - 1952
スウェーデンの児童文学作家,絵本作家。
ストックホルム生まれ。
父に死別し、家計を助けるため、職業学校で絵を学ぶ。工科専門学校卒業後、図工の教師となるが、結婚を機に絵本作家としてデビューする。色彩豊かなイラストの中に自然と田舎町の田園詩の世界を心温まる情感のこもった絵と文で描き、今日スウェーデン児童文学が世界に知られる先駆をなす。1952年ニルス・ホルゲルッソン賞を受賞。又、’58年に設定のエルザ・ベスコフ賞は世界三大絵本賞となっている。主な作品に「小さな小さなおばあさん」(1897年)、「ブルーベリーの森でのピュッテの冒険」(1901年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android