エルンスト ワーグナー(英語表記)Ernst Wagner

20世紀西洋人名事典の解説


1874 - 1938
ドイツ国籍。
エグロスハイム(ドイツ)生まれ。
別名教頭ワーグナー
世界犯罪史上最悪の、パラノイア妄想から大量殺人を犯した犯人。貧しい農家の子として生まれ、小学校の助教員となる。27歳の時、酒を飲み獣姦し、ミュールハウゼン村人達がその事を中傷していると思い込み、逆恨みをする。結婚後5人の子供をもうけるが、村人への憎悪は消えず、村の全滅計画を練る。1913年9月4日、眠っていた自分の家族を殺してから、村の家屋に放火し、9人を殺し、12人に重傷を負わせた。「精神病のため責任能力不能」と判断され、ウィネンタール病院へ移送され、ここで生涯を終わる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android