コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆恨み サカウラミ

デジタル大辞泉の解説

さか‐うらみ【逆恨み】

[名](スル)
こちらが恨みに思っていいはずの人から逆に恨まれること。「逆恨みを受けるいわれはない」
人の好意を曲解して、逆に恨むこと。また、筋違いなことを理由に人を恨むこと。「親切のつもりが逆恨みされる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さかうらみ【逆恨み】

( 名 ) スル
恨みに思う人から、逆に恨まれること。 「 -を受ける」
好意を曲解して相手を恨むこと。 「忠告したらかえって-された」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

逆恨みの関連キーワード川崎・男児投げ落とし殺害エルンスト ワーグナー下種・下衆・下司菊池事件桶川事件恨み相手好意盗人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆恨みの関連情報