逆恨み(読み)サカウラミ

デジタル大辞泉の解説

さか‐うらみ【逆恨み】

[名](スル)
こちらが恨みに思っていいはずの人から逆に恨まれること。「逆恨みを受けるいわれはない」
人の好意を曲解して、逆に恨むこと。また、筋違いなことを理由に人を恨むこと。「親切のつもりが逆恨みされる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android