コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンカルナシオン修道院 エンカルナシオンシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

エンカルナシオン‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【エンカルナシオン修道院】

Real Monasterio de la Encarnación》スペインの首都マドリードにあるアウグスティヌス会の修道院。1611年にスペイン王フェリペ3世の妃マルガリータにより創建。3世紀の殉教者聖パンタレオンの血液をガラス容器に納めた聖遺物や、ホセ=デ=リベラ、アントニオ=デ=ペレダら、17世紀スペイン‐バロック絵画の名品を所蔵する。
Monasterio de la Encarnación》スペイン、カスティーリャ‐レオン州の都市アビラにあるカルメル会修道院。修道会カルメル会の改革を進め「跣足(せんそく)カルメル会」を創立した聖女テレサ=デ=ヘススが、修道女として27年間過ごした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android