コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンシュウシャクナゲ えんしゅうしゃくなげ

1件 の用語解説(エンシュウシャクナゲの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンシュウシャクナゲ
えんしゅうしゃくなげ
[学]Rhododendron makinoi Tagg.

ツツジ科の常緑低木。ホソバシャクナゲともいう。葉は互生し、狭倒披針(きょうとうひしん)形、長さ8~18センチメートルで細く、革質で裏面に褐色の長い軟毛を密生する。5月に紅紫色、漏斗(ろうと)状で5裂した径3~4センチメートルの花が開く。本州中部地方南部の秋葉山(あきはさん)(静岡県)、鳳来寺山(ほうらいじさん)(愛知県)などの山地に分布する。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエンシュウシャクナゲの言及

【シャクナゲ(石南花)】より

…この仲間は西アジアに1種,北アメリカに3種知られる。(3)ヒメナンテス(アルギロフィルム)系 静岡県と愛知県の山地の岩場に生えるエンシュウシャクナゲR.makinoi Tagg(一名ホソバシャクナゲ)(イラスト)と,本州の東北地方南部から四国,九州の温帯林中に生えるホンシャクナゲR.metternichii Sieb.et Zucc.(イラスト)がこの系に属す種類で,台湾のR.formosanum Hemsleyや中国大陸の湖北省,四川省,雲南省にかけて10数種の近縁のものが知られる。花は一般に紅紫色である。…

※「エンシュウシャクナゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone