エンシュウシャクナゲ(読み)えんしゅうしゃくなげ

  • Rhododendron makinoi Tagg.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツツジ科の常緑低木。ホソバシャクナゲともいう。葉は互生し、狭倒披針(きょうとうひしん)形、長さ8~18センチメートルで細く、革質で裏面に褐色の長い軟毛を密生する。5月に紅紫色、漏斗(ろうと)状で5裂した径3~4センチメートルの花が開く。本州中部地方南部の秋葉山(あきはさん)(静岡県)、鳳来寺山(ほうらいじさん)(愛知県)などの山地に分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエンシュウシャクナゲの言及

【シャクナゲ(石南花)】より

…この仲間は西アジアに1種,北アメリカに3種知られる。(3)ヒメナンテス(アルギロフィルム)系 静岡県と愛知県の山地の岩場に生えるエンシュウシャクナゲR.makinoi Tagg(一名ホソバシャクナゲ)(イラスト)と,本州の東北地方南部から四国,九州の温帯林中に生えるホンシャクナゲR.metternichii Sieb.et Zucc.(イラスト)がこの系に属す種類で,台湾のR.formosanum Hemsleyや中国大陸の湖北省,四川省,雲南省にかけて10数種の近縁のものが知られる。花は一般に紅紫色である。…

※「エンシュウシャクナゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android