コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンドキサン

百科事典マイペディアの解説

エンドキサン

ナイトロジェンマスタードの誘導体の一種として合成された制癌(がん)薬。試験管内ではほとんど制癌作用を示さず,生体内に入って細胞内のリン酸酵素の作用によって活性化され,効力を発現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のエンドキサンの言及

【制癌薬】より

…以下かっこ内は商品名を指す)が生まれた。臨床的によく用いられるものとして,シクロホスファミド(エンドキサン),カルボコン(エスキノン),チオテパ(テスパミン),ニムスチン(ニドラン)などがある。またこのほかに,ブスルファン(マブリン),ピポブロマン(アメデール),インプロスルファン,別名864T(プロテクトン),メルファラン(アルケラン)およびミトブロニトール(ミエブロール)の5種類が臨床に供せられている。…

※「エンドキサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンドキサンの関連キーワード多発性動脈炎(顕微鏡的多発血管炎/結節性多発動脈炎)がんの化学療法悪性リンパ腫制癌剤

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android