コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制癌薬 せいがんやく

百科事典マイペディアの解説

制癌薬【せいがんやく】

制癌剤,抗癌剤とも。悪性腫瘍(しゅよう)(肉腫)の化学療法剤。市販されている薬剤もいくつかあるが,決定的に治癒しうるものは現在のところなく,世界各国で研究されている。主要な薬剤を分類すると,1.アルキル化剤。ナイトロミン,エンドキサンなど。2.代謝拮抗(きっこう)剤。8-アザグアニン(グアニンと拮抗),6-メルカプトプリン(プリンと拮抗),5-フルオロウラシル(ピリミジンと拮抗)など。3.抗生物質。アクチノマイシンマイトマイシンブレオマイシンなど。4.酵素剤。L-アスパラギナーゼなど。いずれも毒性が非常に強く,患者の抵抗力を低下させるものが多いが,白血病などには若干の延命効果があり,また外科手術や放射線治療に併用される。しかし皮膚癌などに用いるブレオマイシンは,副作用が少ないので注目されている。そのほかホルモン依存器官の癌にホルモン製剤を適用することがある。単独の制癌薬でなく,数種を適当量組み合わせ,副作用をおさえて制癌効果を増大させる多剤併用療法が広く行われている。免疫療法の研究が盛んで,放射線治療を行う場合に経口的に与えるPSKなどは,生体の癌に対する免疫性を強化するもので,他の療法と併用して治療効果をあげる。
→関連項目胃癌癌予防薬絨毛上皮腫小児癌人工癌造血幹細胞移植多剤併用療法補助化学療法吉田肉腫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいがんやく【制癌薬 anti cancer agent】

制癌剤または抗癌剤ともいう。基礎的検討を経た薬剤で,患者に使用したとき,癌の増殖が抑えられ,一定の効果判定規準に従って有効と判断されるものをいう。現在,日本で臨床に用いられている制癌薬は約40ほどであるが,新しい制癌薬は今後も生まれる可能性が大きい。 制癌薬はその起源によって,天然物由来のものと人工合成物の2種類に大別されるが,一般にはその起源ないし作用形態から,次の6種類に分類されることが多い。(1)アルキル化剤,(2)代謝拮抗剤,(3)抗癌性抗生物質,(4)植物アルカロイド類,(5)ホルモン類,(6)その他,である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の制癌薬の言及

【ブレオマイシン】より

…扁平上皮癌に著しい効果を示すことがブレオマイシンの特徴であり,これはブレオマイシンが扁平上皮組織によく集まり,そこであまり破壊されないことによる。特定の癌だけによく効く制癌薬を開発する道を開いたといえよう。鉄をキレートした形でブレオマイシンが癌細胞のDNAに結合してDNAを切断することがその作用機序であり,これは従来知られていなかった新しい作用機序である。…

※「制癌薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

制癌薬の関連キーワードヒメマツタケ(姫松茸)カワラタケ制癌剤キノコ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android