コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制癌薬 せいがんやく

2件 の用語解説(制癌薬の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

制癌薬【せいがんやく】

制癌剤,抗癌剤とも。悪性腫瘍(しゅよう)(肉腫)の化学療法剤。市販されている薬剤もいくつかあるが,決定的に治癒しうるものは現在のところなく,世界各国で研究されている。
→関連項目胃癌癌予防薬絨毛上皮腫小児癌人工癌造血幹細胞移植多剤併用療法補助化学療法吉田肉腫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいがんやく【制癌薬 anti cancer agent】

制癌剤または抗癌剤ともいう。基礎的検討を経た薬剤で,患者に使用したとき,癌の増殖が抑えられ,一定の効果判定規準に従って有効と判断されるものをいう。現在,日本で臨床に用いられている制癌薬は約40ほどであるが,新しい制癌薬は今後も生まれる可能性が大きい。 制癌薬はその起源によって,天然物由来のものと人工合成物の2種類に大別されるが,一般にはその起源ないし作用形態から,次の6種類に分類されることが多い。(1)アルキル化剤,(2)代謝拮抗剤,(3)抗癌性抗生物質,(4)植物アルカロイド類,(5)ホルモン類,(6)その他,である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の制癌薬の言及

【ブレオマイシン】より

…扁平上皮癌に著しい効果を示すことがブレオマイシンの特徴であり,これはブレオマイシンが扁平上皮組織によく集まり,そこであまり破壊されないことによる。特定の癌だけによく効く制癌薬を開発する道を開いたといえよう。鉄をキレートした形でブレオマイシンが癌細胞のDNAに結合してDNAを切断することがその作用機序であり,これは従来知られていなかった新しい作用機序である。…

※「制癌薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone