バックグラウンド(英語表記)background

翻訳|background

デジタル大辞泉「バックグラウンド」の解説

バックグラウンド(background)

・舞台などの、背景。遠景。
バックグラウンドミュージック」の
物事を取り巻く事情。事件などが起こった原因。背景。
性格や、その人が今いる地位などを作り出した環境。生い立ち。育ち。また、経歴
マルチタスク環境のコンピューターで複数のソフトウエアを起動している時、ユーザーになっていないソフトウエアの状態を指す。操作対象となっているソフトウエアの状態はフォアグラウンドという。
[類語]背景バック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「バックグラウンド」の解説

バックグラウンド

背景という意味。複数のウィンドウが実行されている場合に、奥にあるウィンドウや見えないところで動作することを指す。たとえば、ユーザーが起動しなくても自動的に起動して常時監視をするセキュリティー・ソフトや、メールの自動送受信、ほかのアプリケーションの操作中に行われるプリンターのジョブなどは、バックグラウンドで動いている。バックグラウンドの反対の状態をフォアグラウンドという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「バックグラウンド」の解説

バック‐グラウンド

〘名〙 (background)
絵画・写真などの背景。また、物事の行なわれる背景。後景。
※雲中語(1896‐98)〈森鴎外亀甲鶴「をりあらば之を用ひて一部小説の『バックグラウンド』となさむと欲する蓄念あり」
② ある個人の性格や思想を形成する基盤となった境遇や環境など。経歴。素性

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「バックグラウンド」の解説

バックグラウンド【background】

複数のアプリケーションソフトが起動しているマルチタスク環境において、あるアプリケーションソフトが操作の対象となっていない状態にあること。また、ウィンドウが最前面にない状態で処理を継続していること。⇔フォアグラウンド ◇背景の意から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android