コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックグラウンド バックグラウンド

5件 の用語解説(バックグラウンドの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バックグラウンド

背景という意味。複数のウィンドウが実行されている場合に、奥にあるウィンドウや見えないところで動作することを指す。たとえば、ユーザーが起動しなくても自動的に起動して常時監視をするセキュリティーソフトや、メールの自動送受信、ほかのアプリケーションの操作中に行われるプリンタージョブなどは、バックグラウンドで動いている。バックグラウンドの反対の状態をフォアグラウンドという。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バックグラウンド(background)

風景・舞台などの、背景。遠景。
バックグラウンドミュージック」の略。
物事を取り巻く事情。事件などが起こった原因。背景。
性格や、その人が今いる地位などを作り出した環境。生い立ち。育ち。また、経歴。
マルチタスク環境のコンピューターで複数のソフトウエアを起動している時、ユーザーになっていないソフトウエアの状態を指す。操作対象となっているソフトウエアの状態はフォアグラウンドという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

バックグラウンド

 化学分析などで,得られるデータ計測機器などの特性のため,一定の高い値が足された状態でデータが出力される場合がある.試料を入れない場合のデータで補正するが,この状態の値をバックグラウンドという場合がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

バックグラウンド【background】

複数のアプリケーションソフトが起動しているマルチタスク環境において、あるアプリケーションソフトが操作の対象となっていない状態にあること。また、ウィンドウが最前面にない状態で処理を継続していること。⇔フォアグラウンド ◇背景の意から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バックグラウンド【background】

絵画・写真などの背景。遠景。
ある人物や事件を生み出すもととなった事情・環境など。 「音楽家を育てた-」
コンピューターの画面で、文字や図形が表示されていない背景部分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バックグラウンドの関連キーワード背景遠景演者原風景出番人見平舞台本舞台岩組

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バックグラウンドの関連情報