エンボス(読み)えんぼす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エンボス

フォトレタッチソフトなどで文字や図形地紋などを立体的に見せる効果のひとつ。この名前は、布目型押しを施したエンボス紙に由来する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エンボス(emboss)

《浮き上がらせる、型押しする、の意》模様や図柄を彫ってあるロールを、紙・布・皮などに押しつけながら転がして、浮き出し模様をつけること。「エンボス加工」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エンボス【emboss】

模様を彫刻したロールを加熱しながら押しつけて、紙・布・皮革などに凹凸模様をつけること。 「 -紙」 「 -加工」 「 --レザー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

エンボス【emboss】

模様を彫刻したローラー(エンボスローラー)を布・紙・金属板などに押しつけ、模様を浮き出させること。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エンボス

〘名〙 (emboss) 浮き彫り。布や厚紙、金属板などに型押しして模様や文字などを浮き出しにすること。また、そのような模様や文字。
※実用印刷技術(1957)〈飯坂義治・武捨久男〉六「印刷と同時に裏面よりエンボス加工によって浮出を行うものと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンボスの関連情報