コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーウェルス Hanns Heinz Ewers

世界大百科事典 第2版の解説

エーウェルス【Hanns Heinz Ewers】

1871‐1943
ドイツの怪奇小説家。生業は法律家だったが,O.ワイルド事件の判決を機に嫌気がさして作家に転じた。ポーとE.T.A.ホフマンの影響の濃い《アルラウネ》(1911)がベストセラーとなる。第1次大戦中のアメリカ滞在時,敵国民として強制監禁されて以来ナショナリストに転じ,《吸血鬼》(1920),ヒトラーの依頼による《ホルスト・ウェッセル》(1932)などを書いた。だが後者は1934年発禁となり,彼自身の脚本による同映画も未公開に終わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エーウェルスの関連キーワードレジスタンス文学廃藩置県太平洋戦争育英制度マキノ雅広マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android