エーウェルス(英語表記)Hanns Heinz Ewers

世界大百科事典 第2版の解説

エーウェルス【Hanns Heinz Ewers】

1871‐1943
ドイツの怪奇小説家。生業は法律家だったが,O.ワイルド事件の判決を機に嫌気がさして作家に転じた。ポーとE.T.A.ホフマンの影響の濃い《アルラウネ》(1911)がベストセラーとなる。第1次大戦中のアメリカ滞在時,敵国民として強制監禁されて以来ナショナリストに転じ,《吸血鬼》(1920),ヒトラーの依頼による《ホルスト・ウェッセル》(1932)などを書いた。だが後者は1934年発禁となり,彼自身の脚本による同映画も未公開に終わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android