濃い(読み)コイ

デジタル大辞泉「濃い」の解説

こ・い【濃い】

[形][文]こ・し[ク]
色合いが強い。「墨が―・い」「―・い藍(あい)染め」⇔薄い淡い
においや味などが強い。「塩味が―・い」「百合の―・い香り」⇔薄い淡い
液体の中に溶けている物質の割合が高い。「―・くいれたコーヒー」⇔薄い
密度が高い。充実している。また、ぎっしりと並んだり詰まったりしている。「霧が―・い」「内容が―・い」「眉が―・い」「魚影が―・い」⇔薄い
度合いが強い。「化粧が―・い」「並木が―・い影を落とす」⇔薄い
可能性などの程度が高い。「敗色が―・い」「犯人である疑いが―・い」⇔薄い
関係が密接である。「血のつながりが―・い」
俗に、容貌や性格などに際だった特徴がある。また、一つのことにのめり込んでいる。「目鼻立ちの―・い顔」「芸人の中でも特に―・い連中が集まる」
[派生]こさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android