コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーレスンド海峡 エーレスンドかいきょうÖresund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーレスンド海峡
エーレスンドかいきょう
Öresund

デンマーク語ではエーレソン Øresund,スウェーデン南端部のスコーネ地方とデンマーク東部のシェラン島との間にある海峡。バルト海の入口にあたる海上交通の要衝で,スウェーデンのヘルシングボリとデンマークのヘルシンゲル間の最狭部は 4.5kmと狭い。 1429~1857年,ハンザ同盟都市以外の船はデンマークに通行税を支払わされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーレスンド海峡
えーれすんどかいきょう
resund

デンマークのシェラン島と、スウェーデン南部との間の海峡。デンマーク語でエアスン。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エーレスンド海峡の関連キーワードクリスティアン3世コペンハーゲンヘルシンゲアマルメー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android