エーレスンド海峡(読み)エーレスンドかいきょう(英語表記)Öresund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エーレスンド海峡」の解説

エーレスンド海峡
エーレスンドかいきょう
Öresund

デンマーク語ではエーレソン Øresund,スウェーデン南端部のスコーネ地方とデンマーク東部のシェラン島との間にある海峡。バルト海の入口にあたる海上交通の要衝で,スウェーデンのヘルシングボリとデンマークのヘルシンゲル間の最狭部は 4.5kmと狭い。 1429~1857年,ハンザ同盟都市以外の船はデンマークに通行税を支払わされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「エーレスンド海峡」の解説

エーレスンド海峡
えーれすんどかいきょう
Öresund

デンマークのシェラン島と、スウェーデン南部との間の海峡。デンマーク語でエアスン。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android