コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーロゾル剤 えーろぞるざい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーロゾル剤
えーろぞるざい

固体または液体の薬剤を、低沸点の噴射剤とともに容器に詰め、バルブから薬剤を霧状に散布するようにしたもの。一般にはエアゾール剤もしくはエアロゾル剤とよばれることも多い。手軽に均一な散布状態が得られるため、殺虫・駆虫剤、家庭用塗料、ヘアスプレー、皮膚用薬剤などに利用されている。噴射剤として液化石油ガスLPG)、ジメチルエーテル窒素ガスなどがある。かつてはフロンガスがよく用いられたが、これが成層圏に蓄積してオゾン層を破壊し、太陽紫外線量を増加させるという問題で使用されなくなった。なお、学術的にエーロゾルエアロゾル)aerosolという用語は、分散媒が気体で、分散相が固体または液体である系をさし、煙霧質ともいう。[松田治和]
『高山幸三・寺田勝英・渡辺照編『製剤学』改訂版(2002・ミクス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエーロゾル剤の言及

【製剤】より

…一般に適用部位で局所作用を示すが,粘膜を通して全身に作用を及ぼすものもある。 気道・呼吸器に用いられる製剤は,吸入剤,エーロゾル剤である。吸入剤は消炎,収斂(しゆうれん),鎮咳などの目的で吸入される。…

※「エーロゾル剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報