オイルサーディン

精選版 日本国語大辞典「オイルサーディン」の解説

オイル‐サーディン

〘名〙 (洋語oil sardine) 小さなイワシをオリーブ油に漬けて缶詰にしたもの。サーディン
※最後の旅(1969)〈加賀乙彦〉「私は急にいそいそと白菜の漬物を切ったりオイル・サージンの缶詰をあけたりし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「オイルサーディン」の解説

オイルサーディン

サーディンは広くイワシ属の魚をいう。新鮮なマイワシ等の内臓を除き,塩水につけて乾燥し,煮たてた油に通して缶詰としたもので,カナッペオードブルに使用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「オイルサーディン」の解説

オイル‐サーディン

《〈和〉oil+sardine》小形のイワシ(サーディン)の頭を除き、油に漬けた食品。また、その缶詰。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android