コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオウミシダ Tropiometra afra macrodiscus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオウミシダ
Tropiometra afra macrodiscus

棘皮動物門ウミユリ綱ウミシダ目オオウミシダ科。全体は濃紫黒色または黄色で,中背板から長さ 20~40cmの 10本の腕を輪生している。おのおのの腕には多くの羽枝が生じており,また腕の下部から長さ 4cmほどの大きな巻枝が 50本ぐらい出ていて,これで岩や大型の海藻に着生する。相模湾以南の低潮線から水深 20mぐらいまでの潮の速い浅海にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオウミシダ
おおうみしだ / 大海羊歯
[学]Tropiometra afra macrodiscus

棘皮(きょくひ)動物門ウミユリ綱オオウミシダ科に属する海産動物。10本の腕をもつ大形のウミシダで、体色は一様に黒色または褐色を呈する。腕長20~40センチメートル。日本産ウミユリ類のうち、ニッポンウミシダに次いで普通にみられる種。浅海の岩場に体の下側に生えた巻き枝でつかまり、腕を広げている。ニッポンウミシダと異なり、手で触れても羽枝(うし)や腕が絡み付いたり、ちぎれて落ちることがない。相模(さがみ)湾以南、西太平洋、インド洋海域に分布する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオウミシダの関連キーワードニッポンウミシダスイクチムシウミシダ類海羊歯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android