コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカメノキ(大亀の木) オオカメノキViburnum furcatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオカメノキ(大亀の木)
オオカメノキ
Viburnum furcatum

スイカズラ科の落葉小高木で,高さ2~4mになる。ムシカリともいう。日本各地およびサハリン,千島などに分布し,やや高い山地に生える。葉は対生し,葉身は厚く円形で先はとがり,基部は心臓形,縁には鋸歯がある。若い葉は両面褐色の毛で密におおわれているが,のちに緑色となる。秋の紅葉が美しい。4~5月頃,枝先に散房花序をつけ,周囲には大きな白色5弁の装飾花があって目立つ。果実は広卵形で赤く熟し,のちに黒く変る。枝は強靭で,柴を束ねるのに用いたり,また輪かんじきをつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オオカメノキ(大亀の木)の関連キーワードスイカズラ科

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android