コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカンガルー おおかんがるー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカンガルー
おおかんがるー
great-grey kangaroo
[学]Macropus giganteus

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科の動物。別名ハイイロカンガルー。オーストラリアとタスマニア島に分布する。同科のなかでもっとも大きいものの一つで、頭胴長1.1~1.5メートル、雄は雌の2倍近くあり、体重80キログラムに達する。体色は灰褐色、赤褐色、褐色と変化に富んでいる。平原の森林に群れで生活し、主食は草である。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオカンガルーの言及

【カンガルー】より

…上半身はほっそりしていて前肢は小さい。カンガルー科は,カンガルー,ネズミカンガルー(イラスト),ニオイネズミカンガルーの3亜科に分けられ,狭義には,カンガルーはカンガルー亜科カンガルー属に含まれる大型のアカカンガルー(イラスト),オオカンガルー,それにワラルーを指す。 オーストラリア,タスマニア,ニューギニアに分布し,砂漠に生息する種から森林の樹上にすむ種(キノボリカンガルー類)まで約55種がある。…

※「オオカンガルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオカンガルーの関連キーワードハイイロカンガルーアカカンガルータスマニア島マリア島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオカンガルーの関連情報