コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオキンランチョウ オオキンランチョウEuplectes orix; southern red bishop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオキンランチョウ
Euplectes orix; southern red bishop

スズメ目ハタオリドリ科。全長 10~11cm。雄の生殖羽(→羽衣)は非常に美しく,顔および額は黒く,後頸から喉は橙赤色,胸から腹は黒く,背は橙褐色,腰にはやや長く伸びた橙赤色の飾り羽がある。と尾は灰褐色。一方,雌や非繁殖期の雄は全体に褐色の地味な羽色をしている。アフリカ東部のケニアウガンダあたりから南部の草地に広く分布する。美しい鳥で,日本でも飼鳥として輸入され,飼育されている。また,逃げ出した飼鳥が野生化し,少数が繁殖している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オオキンランチョウの関連キーワードキンランチョウ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android