オオゴマシジミ(読み)おおごましじみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオゴマシジミ
おおごましじみ / 大胡麻小灰蝶
[学]Maculinea arionides

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。日本では北海道の渡島(おしま)半島南部、本州(東北、関東、中部)の山地に分布し、深山の渓谷にみられるチョウである。外国では朝鮮半島、ロシア連邦の沿海州に分布する。ゴマシジミに似ているが、より大形、はねの開張40ミリメートル内外。後ろばねの裏面は強く灰緑青色を帯びる。年1回発生し、7~8月に出現するが、7月下旬から8月上旬が最盛期。ゴマシジミは草原に生息するが、本種は山間渓谷の森林の川沿いの草地に発生する。幼虫の食草はシソ科のカメバヒキオコシ、クロバヒキオコシの花穂。4齢幼虫はクシケアリによってその巣中に連れ込まれ、アリの幼虫を食べて育つ。越冬態は幼虫である。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオゴマシジミの言及

【ゴマシジミ】より

…翌年アリの巣中で羽化する。近縁のオオゴマシジミM.arionidesは開帳3.5~4.2cm。国内では北海道南西部から本州中部にかけての深い山地に見られ,生活史は前種に似るが,カメバヒキオコシ,クロバナヒキオコシなどの花穂に産卵する。…

※「オオゴマシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android