オオバヤナギ(読み)おおばやなぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバヤナギ
おおばやなぎ / 大葉柳
[学] Salix cardiophylla Trautv. et C.A.Mey.
Toisusu urbaniana Kimura

ヤナギ科(APG分類:ヤナギ科)の落葉高木。冬芽の鱗片(りんぺん)は腹側で重なる。初夏、葉の展開とともに尾状花序を下垂する。成葉はほぼ無毛で楕円(だえん)ないし楕円状披針(ひしん)形で長さ10~20センチメートル、裏面は粉白色を帯び、縁(へり)に細鋸歯(さいきょし)がある。包葉は倒卵形で縁に毛がある。雌雄異株。雄花は雄しべ5~10本、背腹の腺体(せんたい)はそれぞれ1~3個ある。雌花は有毛な子房(変種トカチヤナギでは無毛)の柄(え)の左右に各1個の腺体があり、柱頭は2深裂し、花期後に花柱上部と包葉とはともに脱落する。これらのヤマナラシ属を思わせる特徴によりオオバヤナギ属が設けられた。本種は本州中部から北海道、千島に分布し、山地平野の川岸に生える。属名のToisusuは墓用柳材の意のアイヌ語による。

[菅谷貞男 2020年7月21日]

 オオバヤナギ属をヤナギ属に含め、オオバヤナギをトカチヤナギと同種とする考え方もある。

[編集部 2020年7月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例