コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオミスジ おおみすじ

1件 の用語解説(オオミスジの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオミスジ
おおみすじ / 大三条蝶
[学]Neptis alwina

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では北海道、本州に分布。北海道では渡島(おしま)半島南部に限り産するが、本州では青森県より岐阜・滋賀県境の伊吹(いぶき)山地にかけてやや広く分布する。外国では朝鮮半島、中国に分布し、アジア東部の特産種である。はねの開張78ミリメートル内外。日本産ミスジチョウ類のなかではもっとも大形の種で、前ばねの先端に白い斑紋(はんもん)があること、前ばね中室を走る白条にぎざぎざした切れ込みがあることでほかのミスジチョウ類とは容易に区別される。年1回の発生で、暖地では6月上・中旬より、山地や寒冷地では7~8月に出現する。山間の森林中には少なく、村落やその近辺に多い。これは、本種の好む食草が村落周辺に多く植栽されるためである。幼虫の食草はウメ、アンズ、スモモ、モモ、ユスラウメ、サクラ類などのバラ科植物で、成虫はこれら食草の樹上を旋回することが多い。越冬態は幼虫で、枝の分岐部やくぼみに糸をかけて静止し、越冬巣はつくらない。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオミスジの言及

【ミスジチョウ(三条蝶)】より

… ミスジチョウ類(英名clipper)には数種の国産種がある。やや大型のオオミスジN.alwinaは年1回の発生,小さな幼虫が越冬し,ウメ,アンズなどバラ科植物を食べる。やや小型のホシミスジN.pryeri,小型のコミスジN.sapphoは年2~3回発生する。…

※「オオミスジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone