コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオモミジガサ Miricacalia makineana (Yatabe) Kitam.

世界大百科事典 第2版の解説

オオモミジガサ【Miricacalia makineana (Yatabe) Kitam.】

1属1種で日本特産のキク科の多年草。福島県以南の本州と四国,九州に分布する。深山の標高800から1500mあたりの木漏れ日のさす林床に生える。掌状に切れ込んだ葉をもつモミジガサに似ていて,一回り大きいところからオオモミジガサと呼ばれる。別名のトサノモミジソウは最初に発見された地の土佐(高知県)に産する草本のモミジという意味である。茎は直立し,高さ50~80cm,普通2枚の葉を互生し,根出葉を欠く。下葉は大きく,長柄がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオモミジガサ
おおもみじがさ / 大紅葉傘
[学]Miricacalia makineana (Yatabe) Kitam.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ1~1.5メートル。全体に淡褐色の縮れ毛があり、やや柔らかい液質である。葉は2~3枚で、互生する。茎下部の葉は長い柄があって、葉身は掌状に中裂する。8~9月、茎頂に総状花序をつける。花は筒状花のみからなる頭花で、黄色である。深山の林床に生え、本州の中部地方以西、四国、九州に分布する。また、葉が紅葉(もみじ)に似ており、土佐(高知県)で最初に発見されたのでトサノモミジソウの別名がある。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオモミジガサの関連キーワード丹沢山地

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android