コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオレイジンソウ(読み)おおれいじんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオレイジンソウ
おおれいじんそう / 大怜人草
[学]Aconitum gigas Lv. et Van't. var. hondoense (Nakai) Tamura

キンポウゲ科の多年草で、トリカブトに近縁な植物。茎は高さ0.5~1メートル。根出葉は大形。花は6~8月、細長い総状花序につき、黄白色、花弁の距(きょ)は長く、屈曲する。中部地方以北の本州、北海道に分布する。北海道には花弁の距が短い基本変種エゾノレイジンソウが分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオレイジンソウの言及

【レイジンソウ】より

…本州(関東地方以西),四国,九州に分布する。エゾノレイジンソウ(別名オオレイジンソウ)A.gigas Lév.et Van’t.は葉の欠刻が鋭く,花は淡黄色。本州,北海道の亜高山帯の,針葉樹林のへりに生え,サハリン,北朝鮮,満州よりオホーツク地方に分布する。…

※「オオレイジンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android