コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガルコフ オガルコフOgarkov,Nikolai Vasile'vich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オガルコフ
Ogarkov,Nikolai Vasile'vich

[生]1917.10.30. カリーニン,モルコフ
[没]1994.1.23.
ソ連の軍人。 1938年からソ連軍勤務,45年共産党入党。 41年クイブイシェフ軍技術士官学校卒業。 41~45年第2次世界大戦中はカレリアおよびウクライナ前線で工兵士官,方面軍参謀本部将校。 48~53年極東軍総司令部参謀部長。 53~55年極東軍管区参謀部次長。 59年参謀本部大学卒業。 61~65年白ロシア軍管区参謀長,65~68年ボルガ軍管区司令官。 68年参謀総長第一次官。 70年戦略兵器制限交渉 SALT代表団員。 74~77年国防次官,77年参謀総長,国防第一次官,ソ連邦元帥。 84年9月参謀総長を解任され西北戦域軍総司令官に就任したものとみられたが,のち 88年 10月辞職。また 66~71年中央委員候補。 71年から中央委員。 77年ソ連邦英雄。レーニン賞受賞。核戦略をめぐってウスチーノフ国防相と対立があったと伝えられた。 83年9月の大韓航空機撃墜事件では記者会見で前面に立ち,大韓機はスパイ機との前提で説明を行い広く知られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オガルコフの関連キーワードカレリア