オクターヴ ミルボー(英語表記)Octave Mirbeau

20世紀西洋人名事典の解説

オクターヴ ミルボー
Octave Mirbeau


1850.(1848.説あり) - 1917
フランスの小説家,劇作家
トレビエール生まれ。
「フィガロ紙」の編集に加わり、劇評家としてもメーテルリンク象徴主義演劇を見いだすなど功績がある。左翼に転向してから、自然主義的手法で激しいブルジョア蔑視、反宗教、反軍国主義、反資本主義を唱えるものばかりである。小説には「苦難の丘(カルベール)」(1886年)、「ジュール神父」(1888年)、「小間使の日記」(1900年)などがある。劇作では「悪しき指導者」(1897年)、代表作資本家と革命を信じる労働者の対決を描いた「事業は事業」(1903年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

オクターヴ ミルボー

生年月日:1850年2月16日
フランスの小説家,劇作家,ジャーナリスト
1917年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android