コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーテルリンク メーテルリンク Maurice Maeterlinck

6件 の用語解説(メーテルリンクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メーテルリンク(Maurice Maeterlinck)

[1862~1949]ベルギーの詩人・劇作家。象徴主義演劇に新生面を開いた。1911年ノーベル文学賞受賞。詩集「温室」、戯曲「ペレアスとメリザンド」「青い鳥」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メーテルリンク

ベルギーの劇作家,詩人。メーテルランクとも。ヘントに生まれ,のちパリに定住。フランス象徴派(象徴主義)の影響を受けて詩作。劇作においては《マレーヌ姫》(1889年)が最初。
→関連項目デュカースブーランジェペレアスとメリザンドワフタンゴフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メーテルリンク【Maurice Maeterlinck】

1862‐1949
ベルギーの詩人,劇作家。マーテルリンクあるいはマーテルランクともよばれる。1886年パリに出てバン・レルベルグらとともに《ラ・プレイヤード》誌に拠って詩壇に登場,89年には詩集《温室》を発表するが,彼の本領はむしろ劇作にあり,象徴主義悲劇の創造を目ざした。《闖入者》(1890),《盲人たち》(1891)上演ののち,1893年に発表した《ペレアスとメリザンド》がドビュッシー作曲の歌劇として成功を博して,彼の劇作家としての地位を決定づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メーテルリンク【Maurice Maeterlinck】

1862~1949) ベルギーの詩人・劇作家。神秘的・暗示的な象徴劇で知られる。詩集「温室」、戯曲「ペレアスとメリザンド」「青い鳥」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メーテルリンク
メーテルリンク

メーテルランク」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メーテルリンク
めーてるりんく
Maurice Maeterlinck
(1862―1949)

ベルギーのフランス語詩人、劇作家、エッセイスト。ガン(ヘント)に生まれ育ち、最初写実的な短編小説を発表するが、1885年から一時パリに滞在したおりビリエ・ド・リラダンの示唆を受け、神秘主義の道を歩むようになった。ガンに戻ってから詩作や劇作、中世フランドルの神秘家リュイズブロークの仏訳に励み、89年には詩集『温室』、処女戯曲『マレーヌ王女』Princesse Maleineを上梓(じょうし)、前者ではデカダン的な衰退精神と神の恩寵(おんちょう)によるその超克を、後者では運命の犠牲となる無辜(むこ)の王女の姿を描き出した。とくに後者はオクターブ・ミルボーの目に留まり、シェークスピアの再来と激賞された。またこの運命のもたらす悲劇という主題は1890年代のすべての戯曲に共通し、なかんずく92年の『ペレアスとメリザンド』は今日なおドビュッシーのオペラとして上演されている。ほかに『闖入者(ちんにゅうしゃ)』(1890)、『盲人達(たち)』(1891)、『室内』『タンタジルの死』『アラディーヌとパロミッド』(ともに1894)などがある。96年にはノバーリス、エマソンらの影響下に『つつましき者達の宝』(『貧者の宝』)を書き、彼岸の秩序を認識し運命を克服する人間智(ち)を説いた。20世紀に入ると劇風は一変し、写実的になる一方、愛と希望や自然界の神秘を探る主題へと関心を転じた(『蜜蜂(みつばち)の生活』〈1901〉、『蟻(あり)の生活』〈1926〉など)。多数の戯曲のほか人類愛の立場から多くのエッセイも残した。1908年には名高い児童劇『青い鳥』を発表している。11年ノーベル文学賞受賞。[遠山博雄]
『杉本秀太郎訳『ペレアスとメリザンド』(1978・湯川書房) ▽片山敏彦訳『貧者の宝』(新潮文庫) ▽倉智恒夫訳『室内』(1984・国書刊行会) ▽田中義廣訳『蟻の生活』(1981・工作舎) ▽尾崎和郎訳『白蟻の生活』(1981・工作舎) ▽山下知夫・橋本綱訳『蜜蜂の生活』(1981・工作舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメーテルリンクの言及

【児童文学】より

…少年小説の古典《二年間の休暇(十五少年漂流記)》(1888)も彼の手になる。 20世紀にはいるとベルギーの詩人M.メーテルリンクが童話劇《青い鳥》(1908)を書き,1932年にはC.ビルドラックが《ライオンの眼鏡》を生んだ。同じころのショボーL.Chauveauは子どもの酷薄さと向きあった作家である。…

【ペレアスとメリザンド】より

…A.ベルクの《ウォツェック》や《ルル》と並ぶ20世紀最大のオペラ作品の一つである。台本はメーテルリンクの同名の戯曲で,フランス象徴主義演劇の代表作とされるこの戯曲の上演を1893年に見たドビュッシーは,すぐに作曲に着手した。95年10月にメーテルリンクに会って作曲の許可を得,1902年,〈5幕12場からなるドラム・リリック〉を完成した。…

※「メーテルリンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メーテルリンクの関連キーワード高エネルギーリン酸結合東ベルリンベルリン青ベルギーホワイトベルリン空輸回廊ベルリンの葬送ベルリン二つの貌エネルギーレベルバン・レルベルグベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メーテルリンクの関連情報