コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オケアニデス オケアニデス Okeanides

1件 の用語解説(オケアニデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オケアニデス
オケアニデス
Okeanides

ギリシア神話の水のニンフたち。ティタン神たちの総領オケアノスが姉妹のテテュスと結婚してもうけた,いずれも絶世の美女の娘たちで,ヘシオドスによれば総数は 3000とされ,冥府の川ステュクスが長姉で,ゼウスの最初の妻となった知恵の女神メティスアフロディテの母親とされるディオネ女神などもこのなかに含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオケアニデスの言及

【オケアノス】より

…神話の系譜上はウラノス(天)とガイア(大地)の息子としてティタン神族の一員であったが,この神族とゼウスとの戦いでは後者にくみし,地位を保全した。海の女神テテュスTēthysとの間に河川やその流域を意味する3000の息子と3000の娘オケアニデスŌkeanidesを生んだ。【辻村 誠三】。…

【川】より

…【吉川 忠夫】 古代ギリシア人は,オケアノスという巨大な川が円盤の形をした大地の果てを環のように取り巻いており,世界中の川や泉の水はすべてそこから流れてくると信じていた。その数が3000といわれる地上の川はすべて,男神でもあるオケアノスが妹の水の女神テテュスTēthysを妻にめとって生ませた息子たちで,オケアニデスŌkeanidesと呼ばれるこれも3000人の水の精たちは,その姉妹とされていた。豊饒の源である反面で好色でもあり,自在な変身の能力をもつと見なされていた河神たちの性質は,その長兄ともいわれるアケロオスAchelōosに関する神話に特によく表れている。…

【ニンフ】より

…(6)レイモニアデスLeimōniades 牧場のニンフ。このほか,アケロオス川のニンフのアケロイデスAchelōides,ニュサ山(ディオニュソスの生まれた山)のニンフのニュシアデスNysiadesなどのように,特定の場所,町,国のニンフが多数伝えられており,またオケアノス〈大洋〉の娘たちオケアニデスŌkeanides,海神ネレウスの娘たちネレイデスNērēidesもニンフのうちに数えられることがある。【水谷 智洋】。…

※「オケアニデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オケアニデスの関連キーワードアルテミスウラノスガイアティタンヒュペリオンムネモシュネティタノマキア《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone