絶世(読み)ゼッセイ

大辞林 第三版の解説

ぜっせい【絶世】

世にまたとないほどすぐれていること。ぜっせ。 「 -の美女」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜっ‐せい【絶世】

〘名〙 にまたとないほどすぐれていること。比較するもののないこと。並はずれていること。ぜっせ。
※続浦島子伝記(920)「霊亀変化、忽作美女。絶世之美麗、希代尤物也」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「己が次男の三次郎と云ふ絶世の才子、稀代の孝行者の手誉(てほめ)で持切った」 〔漢書‐外戚・李夫人伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶世の関連情報