絶世(読み)ゼッセイ

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐せい【絶世】

世に並ぶものがないほどすぐれていること。「絶世の美女」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜっ‐せい【絶世】

〘名〙 世にまたとないほどすぐれていること。比較するもののないこと。並はずれていること。ぜっせ。
※続浦島子伝記(920)「霊亀変化、忽作美女。絶世之美麗、希代尤物也」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「己が次男の三次郎と云ふ絶世の才子、稀代の孝行者の手誉(てほめ)で持切った」 〔漢書‐外戚・李夫人伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報