絶世(読み)ぜっせい

精選版 日本国語大辞典「絶世」の解説

ぜっ‐せい【絶世】

〘名〙 にまたとないほどすぐれていること。比較するもののないこと。並はずれていること。ぜっせ。
※続浦島子伝記(920)「霊亀変化、忽作美女。絶世之美麗、希代尤物也」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「己が次男の三次郎と云ふ絶世の才子、稀代の孝行者の手誉(てほめ)で持切った」 〔漢書‐外戚・夫人伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「絶世」の解説

【絶世】ぜつせい

世に並ぶものがない。〔漢書、外戚上、孝武李夫人伝〕夫人の(李)年、~歌を善くす。~年、上(しやう)に侍し、つてひ、歌うて曰く、北方に佳人り 世にして獨立す 一すれば人のを傾け 再すれば人の國を傾く

字通「絶」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android