コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシオス・ルカス修道院 オシオスルカスしゅうどういん Hósios Loukas

1件 の用語解説(オシオス・ルカス修道院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オシオスルカスしゅうどういん【オシオス・ルカス修道院 Hósios Loukas】

ギリシアにあるビザンティン時代の修道院。古代遺跡で知られるデルフォイ東南東約20kmの所にある。945年に隠修士ルカス(896‐953)が創設。彼が没した後,1011年ごろにその墓の上に教会が建てられた。これは,大きな円蓋をスキンチで支え,ギリシア十字形プランをとる中期ビザンティンの代表的な建築である。内部を飾るモザイクキリスト伝》は,背景に金地を使用し,キリストの栄光を強調する。地下祭室の壁画には,キリスト受難と復活が描かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オシオス・ルカス修道院の関連キーワードビザンチン帝国ブローチビザンチウムシモノペトラ修道院パンタナサ修道院ビザンチン式ビザンチン文化ペリブレプトス修道院メギスティラブラ修道院ダフニ修道院群、オシオス-ルカス修道院群及びヒオス島のネア-モニ修道院群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone