コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシオス・ルカス修道院 オシオスルカスしゅうどういんHósios Loukas

世界大百科事典 第2版の解説

オシオスルカスしゅうどういん【オシオス・ルカス修道院 Hósios Loukas】

ギリシアにあるビザンティン時代の修道院。古代遺跡で知られるデルフォイ東南東約20kmの所にある。945年に隠修士ルカス(896‐953)が創設。彼が没した後,1011年ごろにその墓の上に教会が建てられた。これは,大きな円蓋スキンチで支え,ギリシア十字形プランをとる中期ビザンティンの代表的な建築である。内部を飾るモザイク《キリスト伝》は,背景に金地を使用し,キリストの栄光を強調する。地下祭室の壁画には,キリスト受難と復活が描かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android