コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオス島 ヒオスとうNísos Khíos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオス島
ヒオスとう
Nísos Khíos

ギリシア,エーゲ海東部の島。南北に細長い島で,トルコ西岸沖約 10kmに位置する。中央部を脊梁山脈が縦走し,最高点 1297m。中部東岸に中心都市ヒオスがある。ホメロスが住んだといわれる島で,その叙事詩を歌い広めた吟遊詩人ホメリダイの出身地として知られる。前6~5世紀には有名な彫刻の学校があった。ローマ,ビザンチン両時代を通じてワインを中心とした交易で発展。その後セルジューク朝ベネチアジェノバオスマン帝国などの支配を経て,バルカン戦争 (1912~13) 後ギリシア領。青銅器時代以降の遺跡が島内各地で発掘され,中世の建築物も数多く保存されている。灌漑農業により柑橘類,オリーブ,イチジクなどを栽培するほか,古くからワイン,マスティック樹脂の生産で知られる。アンチモン,大理石を産出。面積 842km2。人口4万 9865 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒオス‐とう〔‐タウ〕【ヒオス島】

HiosΧίος》ギリシャ、エーゲ海東部の島。中心地はヒオス。東ローマ帝国最盛期に建てられたネアモニ修道院があり、1990年に「ダフニ修道院群、オシオスルカス修道院群及びヒオス島のネアモニ修道院群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。キオス島シオス島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヒオス島の関連キーワードダフニ修道院群、オシオスネアモニ修道院聖堂チェシメ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒオス島の関連情報