コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオス島 ヒオスとうNísos Khíos

2件 の用語解説(ヒオス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオス島
ヒオスとう
Nísos Khíos

ギリシア,エーゲ海東部の島。南北に細長い島で,トルコ西岸沖約 10kmに位置する。中央部を脊梁山脈が縦走し,最高点 1297m。中部東岸に中心都市ヒオスがある。ホメロスが住んだといわれる島で,その叙事詩を歌い広めた吟遊詩人ホメリダイの出身地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒオス‐とう〔‐タウ〕【ヒオス島】

HiosΧίος》ギリシャ、エーゲ海東部の島。中心地はヒオス。東ローマ帝国最盛期に建てられたネアモニ修道院があり、1990年に「ダフニ修道院群、オシオスルカス修道院群及びヒオス島ネアモニ修道院群」として世界遺産文化遺産)に登録された。キオス島シオス島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒオス島の関連情報