オスキ人(読み)オスキじん(英語表記)Osci

改訂新版 世界大百科事典 「オスキ人」の意味・わかりやすい解説

オスキ人 (オスキじん)
Osci

前1千年紀にイタリア中央および南部一帯に住み,イタリック語派に属するオスキ語を話した諸族の総称オスク人ともいう。すなわちサムニウム人,ブルッティ人,ルカニア人,アプリア人,カンパニア人,ウォルスキ族等を含み,またアエクイ族サビニ人等もその一分派である。前3世紀中葉までにローマに制圧され,前91年ローマの支配に対し同盟市戦争をおこしてローマ市民権を取得し,オスキ語はラテン語にとって代わられた。
オスク・ウンブリア語
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android