コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オセット語 オセットご

百科事典マイペディアの解説

オセット語【オセットご】

インド・ヨーロッパ語族のイラン語派に属する言語。孤立的にロシア共和国北オセチア自治共和国およびジョージア共和国の南オセチア自治州に話され,東西2方言があるが,文献はおもに東のみに限られている。
→関連項目オセチア南オセチア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オセットご【オセット語 Ossetic】

ロシア連邦の北オセティア共和国,およびグルジア共和国南オセティア自治州で約50万人(1976)に話されているイラン語派東部グループの言語。主要な方言は,大多数が話す東部のイロンIron方言,および古形をよく保存している西部のディゴルDigor方言の二つである。オセット語の起源は,古代のサカ(スキタイ)人,中世カフカス地方のアランAlan人の言語に求められ,19世紀以来の文学的伝統をもっている。【熊本 裕】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オセット語の関連キーワードウラジカフカスカフカス諸語バンブニストオセット人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android