コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オタン・トゥラル Ottan Thullal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オタン・トゥラル
Ottan Thullal

南インド,ケララ州の踊りとマイムによる舞踊劇。祭礼の際,1人の演者と歌手,太鼓打ち,シンバル奏者によって演じられる。演劇の神ガネーシャや学問の神サラスバティーの賛歌に始り,演者が歌をうたうこともある。カターカリと同様,物語は『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』,さらに古来の神話からの挿話を題材としている。顔は隈取 (くまどり) をし,衣装ははなやかである。からだの動きはカターカリのように様式化されていないが,力強いステップ,回転が多い。寺院の中庭で上演されるといわれるが,回数が非常に限られており,実際に見るのはむずかしい。カラマンダラム舞踊学校で訓練と上演を見ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android