オトラント城奇譚(読み)オトラントじょうきたん(英語表記)The Castle of Otranto

  • オトラント城奇譚 The Castle of Otranto

世界大百科事典 第2版の解説

イギリスの文人H.ウォルポールの小説。1764年刊。イギリスのゴシック・ロマンス元祖と考えられている作品。古い物語と18世紀の新しい小説との融合を目指すと作者は序文で述べている。物語の背景は中世で,場所はイタリア。現在のオトラント城の当主マンフレッドが正統な城主アルフォンゾーの子孫に位を譲って城を明け渡すという筋。作品の背景をなす道具立て,奇怪で超現実的な事件,とくに悪人としてのマンフレッドなどは,後のゴシックロマンス原型となる特質を持っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオトラント城奇譚の言及

【怪奇小説】より

…主として怪奇や恐怖,超自然を扱う小説。1764年,イギリスの政治家でディレッタント文学者ホレス・ウォルポールが書いた《オトラント城奇譚》の爆発的人気によって,怪奇と恐怖が読者の中に一種の美意識を呼び起こす類の小説,一般に〈ゴシック・ロマンス〉と呼ばれる作品が世界文学史の中に公認された位置を占めることとなった。しかし,この種の作品は,生まれ故郷イギリスでは,せいぜい半世紀ほどしか盛りの時期をもつことができなかった。…

【ゴシック・ロマンス】より

…18世紀後半のイギリスに起こった,主としてゴシック風の建物を背景とし超自然的な怪奇を扱い,恐怖感を売物とする一群の小説。H.ウォルポールの《オトラント城奇譚》(1764)に始まり,W.ベックフォードなどを経て,絶頂期にはA.ラドクリフ,M.G.ルイス,W.ゴドウィンの諸作品を生み,C.R.マチューリンやアメリカのC.B.ブラウンにいたる。現在はさらに拡大し,小説の一ジャンルとして考える傾向が強い。…

※「オトラント城奇譚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android