コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトー Otho, Marcus Salvius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトー
Otho, Marcus Salvius

[生]32
[没]69.4.16. クレモナ近郊
ローマ皇帝 (在位 69) 。ネロ帝の側近であったが,妻ポッパエア・サビナをネロに譲り,ヒスパニアのルシタニア総督に任命された。 68年ネロに対する S.ガルバの反乱にくみし,ガルバが即位したのち,彼を倒して即位した。しかしクレモナの戦いでウィテリウスに敗れて自殺。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オトー【Marcus Salvius Otho】

32‐69
ネロ帝後のいわゆる〈四帝乱立の年(69年)〉のローマ皇帝の一人。在位69年1~4月。ネロの友人であったが,妻ポッパエア・サビナをネロに奪われた後,ルシタニア総督に転出させられた。68年ガルバがネロに対し反乱を起こすとこれに同調したが,翌年ガルバが軍隊の支持を失うと彼を倒して皇帝に就任。しかしゲルマニア諸軍団の支持を得たウィテリウスと対立,ポー河畔のベドリアクムで大敗を喫し,自殺した。【島 創平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オトーの関連キーワードショワンヤーシャン(双鴨山)特別市messenger appsシャルモロン(西拉木倫)川広島県三次市三良坂町仁賀マルセル シュウォブカシオ計算機(株)佐渡市の認証米制度静岡県焼津市浜当目大阪建設専門学校北九州市ほたる館ビオトープ管理士環境エネルギー館ウェスパシアヌスTSUCHIYA無料通話アプリワットサケットリヤオ(遼)河学校ビオトープ環境共生住宅バイオトープ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オトーの関連情報