オドーエフスキー(英語表記)Vladimir Fyodorovich Odoevskii

世界大百科事典 第2版の解説

オドーエフスキー【Vladimir Fyodorovich Odoevskii】

1803‐69
ロシアの小説家,哲学者,音楽評論家。デカブリストの詩人のオドーエフスキーAleksandr Ivanovich Odoevskii(1802‐39)の従弟。早くからドイツ哲学,とくにシェリングの影響を受け,ロマン主義的な哲学サークル〈愛智会〉の会長をつとめた。風刺小説《公爵令嬢ミミ》(1834),ユートピア小説《4338年》(未完)など多くの作品を残したが,代表作《ロシアの夜》(1844)は《セバスティアン・バッハ》《ベートーベンの最後の四重奏曲》などの短編小説と哲学的会話からなり,ロシア最初の哲学小説と称される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android