コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドーエフスキー Vladimir Fyodorovich Odoevskii

世界大百科事典 第2版の解説

オドーエフスキー【Vladimir Fyodorovich Odoevskii】

1803‐69
ロシアの小説家,哲学者,音楽評論家。デカブリストの詩人のオドーエフスキーAleksandr Ivanovich Odoevskii(1802‐39)の従弟。早くからドイツ哲学,とくにシェリングの影響を受け,ロマン主義的な哲学サークル〈愛智会〉の会長をつとめた。風刺小説《公爵令嬢ミミ》(1834),ユートピア小説《4338年》(未完)など多くの作品を残したが,代表作《ロシアの夜》(1844)は《セバスティアン・バッハ》《ベートーベンの最後の四重奏曲》などの短編小説と哲学的会話からなり,ロシア最初の哲学小説と称される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オドーエフスキーの関連キーワードキレエフスキー兄弟イスクラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android