コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカブリスト Dekabristy; Decembrists

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカブリスト
Dekabristy; Decembrists

1825年 12月,専制と農奴制の廃棄を目指して蜂起したロシアの革命家たち。ロシア語で 12月のことをデカーブリというので,のちにこう呼ばれた (十二月党員の意) 。その中心となったのは 12年の対ナポレオン戦争に参加した貴族の青年将校たちで,最初 16年に6人の士官によって「救済同盟」と呼ばれる秘密結社がつくられ,18年「福祉同盟」に改組されたあと 21年にいったん解散。おもだったメンバーは,立憲君主制的傾向の「北方結社」と共和制を目指す「南方結社」とに分れたが,24年両結社の合同が提議された。翌年 11月皇帝アレクサンドル1世の急死に際し,準備不足のまままずペテルブルグで,次いで南部でも武装蜂起を企てたが鎮圧され,P.I.ペステリら5人の首謀者は死刑,121人がシベリアへ流刑に処せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

デカブリスト(〈ロシア〉Dekabrist)

ツァーリズムの打倒と農奴制の廃止を目標とし、1825年の12月(デカブリ)にペテルブルグで武装蜂起した人々。主流は、ナポレオン戦争などに従軍し、ロシアの後進性を痛感した貴族の士官たち。反乱はたちまち鎮圧され、多数が処刑された。十二月党。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

デカブリスト

19世紀初めにロシアに生まれた反帝政グループ。1812年ナポレオン戦争(〈モスクワ遠征〉参照)に従軍したロシアの貴族将校を中心に,皇帝専制と農奴制の廃棄をめざした秘密結社が興った。1816年の救済同盟結成に始まり,1821年には南方結社と北方結社の二つが結成された。1825年12月皇帝アレクサンドル1世の急死に接し,武装蜂起(ほうき)したが鎮圧され,ペステリら5人の首謀者は死刑,他はシベリアに流刑。名称は〈十二月党党員〉の意で,ロシア語で12月をいうデカブーリから後に名づけられた。
→関連項目サンクト・ペテルブルクチタニコライ[1世]プーシキン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デカブリスト【Dekabristy】

1825年12月に専制と農奴制の廃棄をかかげて,ロシアで初めて武装蜂起を行った貴族の将校たち。ロシア語で12月のことをデカーブリというところから,後に十二月党員(デカブリスト)と名付けられた。 1816年,ムラビヨフAleksandr N.Murav’yov(1792‐1863),ヤクーシキンIvan D.Yakushkin(1793‐1857)ら6人の近衛の青年士官によって,最初の秘密結社〈救済同盟Soyuz spaseniya〉がつくられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

デカブリスト【Dekabrist】

〔デカブリ(dekabr')は12月の意〕
1825年12月、ペテルブルクで農奴制廃止と立憲政治の実現を要求して武装蜂起したロシアの自由主義者たち。対ナポレオン戦争で自国の後進性を痛感した貴族出身の青年将校が主体。十二月党。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デカブリストの関連キーワードオドエフスキー(Aleksandr Ivanovich Odoevskiy)トルベツコーイ(Sergey Petrovich Trubetskoy)ムラビヨフ(Nikita Mihaylovich Murav'yov)アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ ベストゥージェフ統一スラブ結社[デカブリスト]ペトロフスクザバイカリスキー北方結社[デカブリスト]ニコライ ドルジーニンルースカヤ・プラウダズナメンスキー修道院ニコライ[1世]ビャーゼムスキーオリガ フォルシクラスノヤルスクデカブリスト広場シュシェンスコエオドエフスキーポレジャーエフムラヴィヨーフマルリンスキー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デカブリストの関連情報