コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェリング Schelling, Friedrich Wilhelm Joseph von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェリング
Schelling, Friedrich Wilhelm Joseph von

[生]1775.1.27. ウュルテンベルク,レオンベルク
[没]1854.8.20. ラーガツ
ドイツの哲学者。ドイツ観念論の系譜のなかで,フィヒテの知識学から出発し,そこでは排除されるべきものとして考えられていた自然をも,精神と同一の原理において把握するために独自の自然哲学を立て,のちに同一哲学として体系化した。特に芸術を哲学のオルガノンないし証書としてこれに高い位置を与えたことなどから,当時のロマン主義者たちから大きな共感を得,その哲学的代弁者と考えられた。その後ヘーゲル哲学が主流を占めるようになってからは,みずからの同一哲学をもヘーゲルの絶対的な弁証法と同じく,絶対者として神そのものにいたりえない消極哲学にすぎないとして,積極哲学を説いたが,世に受入れられず不遇のうちにこの世を去った。主著『先験的観念論の体系』 System des transzendentalen Idealismus (1800) ,『人間的自由の本質についての哲学的考察』 Philosophische Untersuchungen über das Wesen der menschlichen Freiheit (09) 。

シェリング
Szeryng, Henryk

[生]1918.9.22. ワルシャワ
[没]1988.3.2. カッセル
ポーランド生れのメキシコバイオリニスト。メキシコ大学で教えるかたわら,ソリストとして欧米諸国で演奏。バッハのすぐれた解釈で知られ,晩年は指揮にもたずさわっていた。 1964年来日。

シェリング
Schelling, Thomas C.

[生]1921.4.14. カリフォルニア,オークランド
[没]2016.12.13. メリーランド,ベセスダ
アメリカ合衆国の経済学者。フルネーム Thomas Crombie Schelling。1944年カリフォルニア大学バークリー校を卒業,1951年ハーバード大学で博士号を取得。1945~46年連邦予算局で働き,1948~50年ヨーロッパでマーシャル・プランに携わり,1951~53年大統領府に勤務。その後エール大学(1953~58),ハーバード大学(1958~90),メリーランド大学(1990~2003)で教授を務めた。1950年代半ばの冷戦をきっかけに,国家安全保障や軍備拡大競争にゲームの理論を応用する必要性を唱え,1960年『紛争の戦略』The Strategy of Conflictとしてまとめた。ゲームの理論の応用範囲を拡大し,紛争解決や戦争回避の一助とした功績が認められ,2005年イスラエルの数学者ロバート・J.オーマンとともにノーベル経済学賞を受賞した。『選択と結果』Choice and Consequence(1984)など著書多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シェリング(Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling)

[1775~1854]ドイツ哲学者。神秘的直観を重視し、合理主義哲学の限界を批判、絶対者において自然と自我とが合一すると説く同一哲学を主唱。著「先験的観念論の体系」「人間的自由の本質」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シェリング

ドイツの哲学者。ドイツ観念論とロマン主義の代表的思想家。チュービンゲン大学時代に親交を結んだヘーゲルヘルダーリンとは終生影響を与えあった。スピノザ,カント,フィヒテに学び,自我と自然との相互浸透にもとづく〈自我哲学〉および自然哲学,主客の根源的同一性を原理とする〈同一哲学〉,さらにはベーメ,バーダーの影響の下,神秘主義的歴史哲学を説いた。
→関連項目イェーナ大学一元論主意主義ティークヘルダーリン

シェリング

ポーランド出身のメキシコのバイオリン奏者。ショパンの出生地として知られるワルシャワ近郊ジェラゾバ・ボラに生まれ,幼時から楽才をあらわす。ポーランドの名バイオリン奏者B.フーベルマン〔1882-1947〕に才能を見いだされ,1929年−1939年ベルリンとパリでC.フレッシュ〔1873-1944〕,ティボー,N.ブーランジェにバイオリンと作曲を学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シェリング【Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling】

1775‐1854
ドイツ観念論とロマン主義の立場に立つ哲学者。シュトゥットガルト郊外のレオンベルクに,すぐれた東洋学者でもあった牧師を父として生まれる。早熟の天才であり,15歳でチュービンゲン大学に入学を許され,5歳年長のヘーゲルおよびヘルダーリンと親交を結ぶ。19歳のときフィヒテの哲学を祖述した論文を発表し,哲学界に登場する。フランス革命への熱狂的な共感を,ヘーゲルやヘルダーリンと共有し,カント,フィヒテ,スピノザを学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シェリング【Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling】

1775~1854) ドイツの哲学者。自我と自然を包括する絶対者というロマン派的理念のもと、同一哲学を構築して、芸術に重要な位置を与える。後期には、理性の限界を示し、存在すること自体の根拠を問う積極哲学を構想して実存哲学を先取りした。主著「超越論的観念論の体系」、「人間的自由の本質」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のシェリングの言及

【形而上学】より

…客観を観想する形而上学はここに主観に基づく形而上学へと転換するが,ドイツ観念論の形而上学的諸体系はカントの拒否する知的直観を絶対者に適用し,ヘーゲルの絶対的観念論へと転化する。このヘーゲルの体系を消極哲学すなわち合理主義的本質主義と断じ,意志に対してのみ出現する個別的現実存在を原理とするシェリング晩年の積極哲学は,ショーペンハウアーとニーチェとの意志の形而上学の先駆となるとともに,19世紀後半以降の現実存在ないし実存の哲学への端緒でもある。19世紀後半は実証主義の隆盛による形而上学の衰退と特徴づけられるが,二つの世界大戦は認識論的な反形而上学の立場から,有限な人間の人間本性の展開に基づく人間の形而上学を復活させた。…

【生気論】より

…この思想的伝統はヘルメス思想の中に生き続け,ライプニッツの活力説(彼は力=エンテレキアentelechiaを実体とした)を経て,19世紀ドイツの〈自然哲学〉にまで及んだ。すなわちシェリングは〈自然は目に見える精神,精神は目に見えない自然である〉と主張し,ロマン派の思想家はさらに民族精神や世界精神についても語った。 狭義の生気論は,自発的活動力を持つ生物にのみ生気を認める立場で,アリストテレスは植物,動物,人間にそれぞれ特有の魂(プシュケー)があるとして生物の諸機能を説明し,これが長い間生物研究の主流であったが,17世紀になってデカルトは人間にのみ魂(アニマ)を認め,植物も動物も人体も機械と同様の物体にほかならないとした。…

【西洋哲学】より

… 現代の哲学者,たとえばサルトルが〈事実存在〉に対して〈本質存在〉を優先させてきた西洋哲学の伝統に逆らい――話を人間の存在に限ってのことではあるが――〈本質存在〉に〈事実存在〉つまり〈実存〉を優先させ,そうすることによって人間の根源的自由を主張する実存主義を提唱したことはすでに知られていよう(《実存主義とは何か》)。 同じような企てはすでに19世紀初頭のシェリングの後期思想にも見られる。シェリングもまたおのれのこの企てを〈実存哲学Existenzialphilosophie〉と呼んでいたが,こうした企ての背後には,西洋哲学の根幹をなす形而上学的思考様式を克服せんとする意図がひそんでいたのである。…

【ドイツ観念論】より

…カント以後,19世紀半ばまでのドイツ哲学の主流となった思想。フィヒテ,シェリング,ヘーゲルによって代表される。彼らはカントの思想における感性界と英知界,自然と自由,実在と観念の二元論を,自我を中心とする一元論に統一して,一種の形而上学的な体系を樹立しようとした。…

【人間的自由の本質】より

シェリング歳のとき(1809)の,同一哲学から積極哲学への移行期に書かれた著作。正式の標題は《人間的自由の本質およびそれと関連する諸対象に関する哲学的諸探求》。…

※「シェリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シェリングの関連キーワードシューベルト(Gotthilf Heinrich von Schubert)シェリング(医薬品メーカー)クルト シュヴァーエンキレエフスキー兄弟シェリング・プラウシュライエルマハーフレッド ハッサン超越論的観念論オドエフスキーベルリン大学世界内在神論キルケゴール主観的観念論シュレーター客観的観念論絶対的観念論ブラッヒャーシマノフスキスピノザ主義イエナ大学

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェリングの関連情報